おサイフケータイはデータ初期化では消えませんので、ご注意を

福岡で中古携帯電話の買取と販売、水没と故障のデータ救出の受付をしておりますモバイルウォーク大野城です。
Android ケータイにあります「おサイフケータイアプリ」はデータ初期化では消えません。
おサイフケータイはお客様のクレジット機能ですので、お客様が登録したSIMカード情報でしか消せません。

おサイフケータイのデータが残っていますとメモリ使用状況に出ます。

SCL22_2017032509420711a.jpg

データが残ってないと目盛りが「0」になっています。
上記のような画面ですとジャンク扱いで買取金額は100円になります。
特にau と SoftBank はどうしようもないです。

F-02G.jpg

これも同じようにおサイフケータイのデータが残っていますが、docomo 機種ですので査定額より1,000円減額で買取OKです。
docomo 機種はショップ店に持っていけばデータ消去が出来ますので減額で買取しています。
ただ、データはお客様のクレジット機能ですので、ご自身の手で消去することをおススメします。

携帯電話のデータ消去では「おサイフケータイ」のデータは消えませんので、ご注意ください。
これはスマホだけでなくガラケーも同様です。
中古携帯電話を購入したときも残っていないか確かめてみてください。

中古携帯電話の購入はヤフーショッピングからどうぞ⇒ヤフーショッピング

モバイルウォーク大野城ホームページはこちらです⇒ホームページ


スポンサーサイト
携帯情報 | 【2017-03-25(Sat) 16:30:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Soft Bank の MVNO が日本通信で遂にスタート

福岡で中古携帯電話の買取と販売、水没と故障のデータ救出の受付をしておりますモバイルウォーク大野城です。
遂にソフトバンクのMVNO が日本通信で3月22日よりスタートします。

302SH_2017032109203428d.jpg

SoftBankのiPhoneやiPadで、日本通信のSIMを使えば「SIMロック」を解除しなくても使えるようになります!
日本通信が3月22日より、SoftBankのネットワークを借りたMVNOを開始します。

これまで、docomo1社に偏っていたMVNOですが、最近では、mineoやUQ mobileなど、auのネットワークを使ったところも徐々に増えています。

一方で、SoftBankのネットワークを借りるMVNOは、ゼロに近い状態のため、登場が待たれていました。
ようやくdocomo、au、SoftBankの三大キャリアのMVNOが揃いました。
これにより、SoftBankの中古端末での利用が可能となり、SoftBankの中古iPhone・iPadの相場が上がるかもしれません。

いよいよ、本格的に格安SIM会社も競争が激しくなるでしょうね。

中古携帯電話の購入はヤフーショッピングからどうぞ⇒ヤフーショッピング



携帯情報 | 【2017-03-21(Tue) 16:38:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

MVNO フリーテルSIMフリースマホも利用制限を導入

福岡で中古携帯電話の買取と販売、水没と故障のデータ救出の受付をしておりますモバイルウォーク大野城です。

2月27日よりKIWAMI 2やPrioriなどのSIMフリースマホを国内投入している、 プラスワン・マーケティングのMVNO「フリーテル」で販売された機種において、 不正に入手されたスマートフォンが「振り込め詐欺」などの犯罪に利用されることを防止する取組みとして、 「遠隔操作でのスマートフォン利用制限(端末ロック)」を導入するようです。

FREETEL画像

これはdocomo、au、ソフトバンクなどの大手が導入しているものと同じです。
利用制限を確認できるWebサイトを公開するようです。
MVNO(仮想移動体通信事業者)では珍しく、今後、中古などを購入する際には注意が必要です。
利用制限を確認するサイトを探しましたが、3/17現在、見つかりませんでした。
また詳しいことがわかりましたら、載せますね。

中古携帯電話はヤフーショッピングで購入出来ます⇒ヤフーショッピング

モバイルウォーク大野城ホームページはこちらです⇒ホームページ


携帯情報 | 【2017-03-17(Fri) 16:22:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Android OS バージョン 5.1 以降の端末の初期化に注意が必要です

福岡で中古携帯電話の買取と販売、水没と故障のデータ救出の受付をしておりますモバイルウォーク大野城です。
Andorid OS バージョン 5.1 以降の端末には「Device Protection(端末保護機能)」が発生する場合があります。
これは紛失や盗難が発生したときに端末の居場所を検出して保護する機能です。
Googleのアカウントを設定していると発生します。

Googleのアカウントを削除せずに初期化後、初期設定を行おうとすると・・・

アカウント画面

このような画面が出て、先に進みません。
登録されたGoogleアカウントがわからないとこの状態ではジャンク品になります。

Android OS バージョン 5.1 以降の端末は初期化する前にGoogleアカウントの削除を先に行います。

グーグル画面

設定画面⇒アカウント⇒Google⇒アカウントを削除⇒アカウントを削除の手順で削除します

アカウント削除

Googleアカウントの削除が完了したら、端末の初期化を行います。
この端末保護機能は iPhone の「iPhoneを探す」機能のアクティベーションロックと一緒の機能です。

Android スマホを使っている方には安心の機能ですが、買取をする側からチェックすることが増えました。
これはヤフオクなどのネットで購入する場合も気を付けてください。
OS バージョン5.1以降のスマホは初期化だけでは使えませんので注意が必要です!

中古携帯電話の購入はヤフーショッピングからどうぞ⇒ヤフーショッピング



携帯情報 | 【2017-03-06(Mon) 16:25:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

日本初のAndroid one スマホ ワイモバイル507SH

福岡で中古携帯電話の買取と販売、水没と故障のデータ救出の受付をしておりますモバイルウォーク大野城です。
7月29日に発売されたワイモバイル507SH についてちょっと書きますね。
Android one とはGoogleが各国のメーカーと協力してスマートフォンを開発したプログラムのことです。

507SH画像

その主な特徴としては、常に最新OS を利用できるほか、最新のセキュリティー機能が自動アップデートで毎月提供されるためセキュリティー面の心配をせずに安心して利用できるとされています。

またGoogleマップやYouTubeなど頻繁に利用されるGoogle標準アプリを中心に搭載され、防水・防塵、ワンセグ等日本向けの機能も搭載されています。

海外モデルがそのまま投入されているNexusよりも初心者でも使いやすくなっています。

現在はワイモバイルからの販売ですが、他のキャリアからも発売されるともっと人気がでるかもしれないですね。

海外モデルのiPhone やNexus と違って日本向けモデルになっているのがいいですね。

それではまた

使わなくなった携帯電話買取します⇒モバイルウォーク大野城ホームページ



携帯情報 | 【2016-08-19(Fri) 17:05:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 福岡中古携帯買取販売モバイルウォーク大野城 Blog All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*