fc2ブログ

中古パソコンはスペックで価格がかなり違います

2022年08月09日
ケータイ以外の話し 0
中古ノートパソコンのLenovo Ideapad 320-15IAPが入荷しました。
2017年6月発売モデルになります。

lenovo.jpg

発売から約4年、Webカメラ付き、15.6インチ、Windows10 Home 搭載ですが、中古販売価格はかなり安いです。
これはパソコンの価格はスペックでかなりの違いが出るからです。
中古パソコンを選ぶときに見る主なポイントを上げます。

CPU これはパソコンの脳部分ですので、この違いは動作速度、処理速度に違いが出ます。
Celeron (低い)
 ↓
Pentium
 ↓
Core i3
 ↓
Core i5
 ↓
Core i7
 ↓
Core i9 (高い)
これは価格に大きな影響を与えます。
今回のLenovo Ideapadは
lenovo3.jpg
CPU(プロセッサ)Celeronですね。
これで価格は安くなります。

次のOSです。
WindowsやMacOs、Windowsの場合は古いとサポートが受けれません。
中古の場合、OSなしというのもたまにあり、自分でインストールしないといけない場合もあります。
lenovo4.jpg
今回のパソコンはWindows10 Home搭載なので、問題ありません。

次にメモリ容量とストレージです。
メモリ容量は作業をする作業台みたいなもので、大きい程スムーズです。
一般的にはWordやExcelなどの作業が主な場合は4GB、動画や画像編集には8GB、ゲームには16GBぐらいは欲しいです。

ストレージとはデータ保存場所のことで、HDDとSSDがあります。
SSDのほうが保存容量が大きく、値段も高くなります。

さて今回のLenovoノートパソコンで見るとメモリ4GB、ストレージHDD 500GBと最低限のスペックになります。
パソコンのスペックで値段はかなり違いますので、特に中古パソコンを選ぶときの参考にしてください。

最後に付属品、特に電源アダプタがあるかも気にした方がいいですね。
スマホと違って、パソコンは機種によって様々な差込口があります。
中古パソコンを本体だけ購入したが、電源アダプタがなくて別で探さないといけないとよくあります。
lenovo5.jpg
今回は純正アダプタが付いています。
中古で安く本体を買ったが、電源アダプタに余計な手間暇が掛かったとならないように、ご注意ください。

気に入ったらシェア!

mobilewalk
この記事を書いた人: mobilewalk
株式会社リユース モバリカ代理店
携帯電話買取・販売の店
モバイルウォーク大野城
〒816-0955
福岡県大野城市上大利2-9-43
TEL 092-586-9556
mail info@mobile-walk.com
営業時間 10:00~17:30
定休日 水・日曜日、他不定休
古物商番号 福岡県公安委員会
第901131310079
リンクフリーです

コメント0件

コメントはまだありません