01 2018

こういう場合はジャンク品になります

福岡で中古携帯電話の買取と販売をしておりますモバイルウォーク大野城です。
早いものでもう9月になりました。
どうぞ今月もよろしくお願いします。

今回はガラケーでジャンク品扱いになる例を紹介します。
ジャンク品⇒動作などに問題があるものをいいます。

jyanku.jpg

①これは見た目は何も問題ないですが、電源を入れると液晶漏れみたいににじんでいる写真です。
この状態の場合はジャンク品になります。

jyanku1.jpg

②サブディスプレイに表示が出ない。これよくあります。サブディスプレイに時計表示などが出ない場合はジャンク品です。

jyanku2.jpg

③ヒンジ部分に割れやかけがある。写真は極端に割れていますが、ガラケーは折りたたみ部分は液晶表示するための配線が入っておりガラケーの命部分です。
ここがかけていたり、ぐらぐらとゆるい場合はジャンク品になります。

jyanku3.jpg

④SIMトレイの割れ、差込部分の金属のゆがみがある場合はジャンク品です。

他には充電口部分のピンが折れていたり、曲がっているなど充電器を差し込むのに支障がある場合はジャンクです。
ガラケーは結構、ジャンク品になる場合が多いのが現状です。
上記の例は通話など使うことは出来ますが、買取となるとジャンク品になります。
ガラケーをお持ちの方は自分のを確かめてみてはどうですか(特にヒンジ部分がぐらぐらするのが多いです)

最後に最近のスマホはバッテリー内蔵タイプがほとんどですが、写真のようになることがあります。

SO-02G_20180829165603f1c.jpg

裏のバックパネルの接着が外れて浮いているケースです。
これXPERIAシリーズによく見られます。写真の端末はバッテリーの膨張なく単にパネルの接着は外れています。
これも残念ながらジャンク品になります。

今回はジャンク品について紹介しました。
それでは、9月度もどうぞよろしくお願いします。

中古携帯電話の購入はヤフーショッピングからどうぞ⇒ヤフーショッピング


XPERIA

0 Comments

Leave a comment