FC2ブログ
01 2020

2008 Early Mac Book に OS X 10.6をインストールする方法

福岡で中古携帯電話の買取と販売をしておりますモバイルウォーク大野城です。
4月度もよろしくお願いします。
今回は古い 2008年 Early Mac Book が入りましたので OS X をインストールする方法を紹介します。
今回の端末の電源を入れると画面はこの状態です。

mac.jpg

フォルダに?のマーク、これは初期化されてOSが何も入っていない状態です。(この状態では何も使えません)
OS X 10.6(Snow Leopard)まではインストールディスクが必要になります。
そこでヤフオクでインストールUSBを購入しました。

mac1.jpg

mac2.jpg

USBをさして、「optionキー」と電源ボタンを画面が立ち上がるまで押し続ける。

mac3.jpg

するとUSBの表示が表れて、これをクリックします。

mac4.jpg

アップマークが表れて、起動が始まります。

mac5.jpg

mac6.jpg

Mac OS X インストールの画面が出て、続けるをクリック。

mac7.jpg

ここでインストールディスクが出ればそれを選択して進めますが、今回、何もありません。
これは以前の所有者がOS X 10.6 以降のバージョンを上げたものをインストールしていたためHDが出ません。

mac8.jpg

そこで入っているHDを消去して新しく作成します。
「ユーティリティ」の「ディスクユーティリティ」をクリックします。

mac9.jpg

一番上にあるHDを消去して新しく作成(今回は名前をMacintosh HDD)として消去。

mac10.jpg

mac11.jpg

新しく作成した Macintosh HDD が出来ています。

mac12.jpg

もう一度、インストールに戻って続けるをクリックすると先ほど作成した Macintosh HDD が出ますので、これを選択。

mac13.jpg

インストールをクリックすると無事にインストールが始まります。

mac14.jpg

インストールが始まり、完了するまで、約30分ぐらいかかります。(必ず電源アダプターを装着して行ってください)
バッテリーの充電が十分ではないと電源が落ちてしまいます。

mac16.jpg

無事にインストールが終わり、アップルの起動画面が始まります。
その後は画面の表示に沿って、設定をしていきます。(ここでは省略します)

mac161.jpg

これで設定が完了して、Mac Book として使えるようになりました。
今回は古いMac Book へOS X 10.6 のインストール方法を紹介しました。
長くなりましたが、この方法はアップルのサポートセンターへ電話をして教えてもらいました。
サポートセンターの対応が親切で非常に助かりました。
忘れないように、忘備録として記事に残しました。


Mac

0 Comments

Leave a comment